静かな住宅街

三鷹で住宅をリフォームする際の注意点とは

黒い屋根の住宅

自宅を二世帯住宅へとリフォームしたいと考えている人が注意すべき点に、光熱費の分担を挙げられます。光熱費といえば水道料金や電気料金がありますが、何となく折半をしてしまうと、自分達は使っていないのに多く料金を支払っていると不満が残る可能性があります。そこで水道メーターや電気メーターなどを世帯ごとに設置し、自分達の使用した分の料金は自分達で支払うようにすることは大切です。メーターを取り付ける料金はつける分だけ必要ですが、後々に揉めないためには、大切なポイントになります。
また玄関を分けるかどうかも重要なポイントになります。1つの建物に玄関を2つ付けると家が2つあるとみなされ、固定資産税が高くなりますが、対して玄関が1つであれば1つの住居となるので、完全分離でも固定資産税は通常通りに計算されます。プライバシーの点から玄関は分けた方が良い、と考える若夫婦も多いですが、税金がどのように変化するかをシミュレーションしてからでも良いかもしれません。住宅のリフォームは三鷹の専門業者に依頼し、建てると良いでしょう。リフォームの専門業者であれば、家族が安心して暮らせるための知識や情報を多く持っています。これから三鷹で住宅をリフォームする際の良い情報を教えてもらえるでしょう。

ピックアップコンテンツ

特殊な形の建物

それぞれの家庭に合った住宅を三鷹でリフォームしよう

両親家族と同居する家庭が増えています。同居することでお互いに生活を共にすることになりますが、二世帯住宅へリフォームすれば、生活を別にす…

MORE